このブログを通して何度も伝えていることですが子どもたちの可能性というのは文字通り、無限大です。こんな話をするときに必ず思い出すのが、私が日本で個別指導の教室長をしていたときに出会った一人の生徒でした。巣鴨ではない塾です。

彼は、小学5年生の2月、つまり、小学6年生になる前に中学受験を決意した生徒でした。集団クラスの他塾では、入塾時期が遅いからという理由で、個別指導中心の塾に流れてきた彼。

大変素直な子で、テストを受けさせてみると基礎力はあることが判明。私は、4教科2年間分の受験カリキュラムを1年間で終われるよう設定しました。ただし、一年間だけで、中学受験をさせるのは初めてだったこともあり最初は、正直なところ半信半疑という気持ちでした。

しかし、彼は、それをものの見事にやりぬけ、偏差値も一気に70近くまであげて見事、第一志望校に余裕で合格。この時点で、私は子どもの可能性というのは、大人の想像の域をはるかに超えていると思いました。

そして、そんな彼との別れが近づいた合格発表の一ヵ月後の塾卒業生送別会の日。その日は通常授業もなく、送別会のみの日でした。彼はこう質問してきました。

「来年も、塾に勉強しにきてもいいですか?」と。

もうその塾は私は退職する予定だったので、正直に話をしました。「誰にも言わないで欲しいのだけれど、先生はもうこの塾を辞めてしまうんだ。。。」と。

そして、その場では、彼はキョトンとした様子で、こちらの話を聞いただけでしたが、最後には「お世話になりました」と深々と頭をさげて、帰宅の途についた彼でした。特に表情を変えた様子もなく。

「そうだよな、別に先生が一人いなくなっても寂しくもないか・・・」と思っていました。そして、残った仕事を仕上げるために、塾に残っていた私でしたが一本の電話が入りました。

何故、こんな休日に電話が?と思って電話をとると、その彼のお母さんからでした。何かと思い、話を聞くと「うちの子が、家に帰ってくるなり、泣いているのですが。ただ、理由は教えられないと言っているのです。先生、何か知りませんか?」と。

私は、それを聞いた瞬間に、子どもの感情の深さ、そして約束を守るその子の姿勢に深い感動を覚えました。私は、確かに「塾を辞めることは誰にも伝えないでね」とは言ったもののまさか、お母さんにまで言わないとは思いもしませんでした。

彼の純粋さ、素直さ、これは彼の偏差値の上がり具合以上に、私の予測をはるかに超えたものでした。

こども一人一人の可能性、性格。私たち、大人はいつのまにか、子どもたちにレッテルを貼り可能性を決め付けているのではないでしょうか。

この子はこういう子。この子は、このレベルの子。中学受験の彼と出会ってから、生徒たちにレッテルを貼る無意味さを痛感しています。なぜなら、彼らの可能性というのは、私たちの想像をはるかに超えているからです。

「レッテルを貼らないで、その子の可能性を信じる」

これも、先輩からうけた大事な指導の一つです。そういう大人が増えてきたとき、子どもたちの可能性が本当に開花するのだと思います。