先ほど、このブログを書いていて一息ついていると鉛筆を削りにきた生徒に「先生、疲れたの?」と声をかけられました。

今までそんなことを言われたことがなく、いつの間に、先生のことを心配できるようになったのか、となんだか嬉しくなりました。生徒の成長が垣間見える時、教育者として最高に嬉しい時です。

それよりも疲れた姿を生徒に見せる先生もどうかとは思うのですが。笑

巣鴨アドバンススクールも、おかげさまで毎年生徒も増えて来ており色々な生徒が通塾するようになりました。

設立当初は、難関校受験のためにどう入試の準備をしたら良いか、という子が大半でこちらは入試への戦略を考えるだけで十分でした。

ただ、ここ最近は勉強が得意な子から勉強が苦手な子など、本当に色々な子が通塾しています。

そういう勉強が苦手な子たちに様々な試みを行うのですが、それでも中々変化が見えるものではありません。

職員一同、困ったなぁ、という状況でした。

そんなことを先輩に相談すると

「そういう子がいるから教育者として成長できる。出来る子だけ教育していても張り合いがなくなるじゃろ。だから感謝じゃな。」

そう言われて、納得した私はこれでまた自分も成長させてもらえるんだな、と心を入れ替えて1対1で生徒たちと繰り返し対話を始めました。

何のために勉強するのか。力をつけることで、苦しい勉強も楽しめるようになること。ものの見方を伝えていきました。

またほかの先生たちも総力戦で、色々と生徒に試行錯誤を続けてくれています。教材を変えたり、勉強する環境に工夫をしたり。色々と試行錯誤してきてもう何ヶ月もたつのですが、ここ数ヶ月、少しずつですが変化が見えてきました。

授業に臨む時に、今日の達成目標を言って来たり、将来の目標の話をするようになったり。

お母さんに心配させたくない、と言ったり。何よりも、彼らの表情が少しずつかわって来て授業中の姿勢も変化してきました。

教育って本当におもしろいですね。子供の変化は目には見えません。何を言っても、子供に何の変化もないように見えるのですが、少しずつ少しずつ、変化は起きています。

それはまるで、植物を育てているように日々の成長にはなかなか気づけないものです。

それでも、成長していると信じて毎日、水をやっては、肥料をやって、雑草を抜いてとにかく環境を整えてあげる。あとは、もう彼らの可能性を信じる。このときに、結果がでないからと言って種を植えたのかな、とほじくりかえしたりあせってはいけません。あせらずに、子供の成長するペースを崩さないよう見守ること。

日々、私を含めた先生たちは生徒たちに鍛えられています。本当にありがたいことです。

それでは皆さんこの週末の天気は良好のようですので良い週末を♩