勉強しなさい!宿題しなさい!こういう指導をしても、子どもたちのためになりません。それでは、子どもたちのためになる指導とは何か。

「教育とは納得させること」by先輩

生徒が行動(勉強)に移すまでプロセスは以下のようになります。

( )の中はその主体者です。

①オープンになる(生徒)
②指導する(先生)
③納得する(生徒)
④行動にうつす(生徒)

①先生はまず、生徒を信頼し彼らの言いたいことを理解すること。

そうすることで生徒にこちらの指導を聞く姿勢ができ、オープンになる。

②オープンになったら相手が必要としている指導ができる。

③④その指導に、生徒が納得すれば行動につながる。

勉強しないのも、宿題しないのも結局は子どもたちが③の納得をしていないからです。だから④の行動につながらない。

③の納得をするためには、まずは相手が①のオープンになる必要があります。

これは時が来ることを信じて、時を待つ必要があります。むりやり②の指導をしても意味がありません(笑)

「宿題しなさい!勉強しなさい!」一所懸命②の指導をしても、①のオープンになった状態がなければ、まるでキャップがしまったボトルに無理に水を入れようとするようなものです。

その指導が入る訳がありません。そこは日頃の信頼の積み重ねなんですよね。お父さんお母さんのいうことを聞いておいてよかった、という実績を積み重ねて行くことですね。そして時が経つことで信頼関係が出来上がります。

②の指導も、こちらの言い分ということではなく、相手が③納得できるように、相手に合わせて②の指導をすることが大事になります。どうして宿題をするのか、どうして勉強をする必要があるのか、そういうことを日頃から伝えておかないといけないですね。

ちなみにお父さんお母さんは、どうして子供が勉強するべきだと思いますか?将来のため?お金のため?なんのためですか?

自分が納得していないことを相手に納得させるのは至難の技です。相手を納得させるためにも、まずは自分を納得させましょう。

復習です。この4つのプロセス。

①オープンになる(生徒)
②指導する(先生)
③納得する(生徒)
④行動にうつす(生徒)

是非ご家庭でも意識してみてください。