「設計図が間違っていたら設計図通りにできたとしても価値がない」

とは先輩の言葉でした。

建物は設計図なしには立ちません。また、もしその設計図が間違っていたら、図面通りに作ったとしても傾いていたり、不便なものが完成してしまいます。建物を作る上で、正しい設計図は必須です。

ダウンタウンの写真です。色々な設計図を元に、この景色が作られるんですよね。

人はそれぞれ人生の設計図というのを持っています。幸せという名の設計図ですね。こう勉強したら、こういう高校に行けて、こういう大学に行けて、こういう就職先があり、年収はこれくらいで人生を幸せに過ごせる、という設計図です。

ただし、その設計図がもし間違っていたらどうでしょう。その設計図通りに頑張ったとしても幸せになれなかったとしたら。行きたい高校に行ってもいじめられるかもしれません。行きたい大学に行っても、思ったほど周りとは合わないかもしれません。就職したい会社に入れたとしても、やりたいことはやれないかもしれません。どんなに完璧な人生と思っていても、自分が病気になってしまったり、急に愛する人を失うこともあるかもしれません。

そういう意味では、「幸せの設計図」とは環境のことではなく、自分自身の心のことなのではないか、と思います。どんな逆境にも負けない自分、諦めない自分、進化し続ける自分。そういう心の設計図こそ、環境の設計図よりも必要なのではないでしょうか。

子供達にも、そういうことを伝えていければと思っています。自分自身の心に、揺るぎない幸せの設計図を作りなさい、と。