私の中では、アメリカの家族的存在である友人親戚一同のクリスマスパーティー。総勢20名以上の集まりになります。

このクリスマスパーティーですが、5回ほど参加させてもらっています。

最初は誰が誰だか名前さえ覚えられなかったのですが、毎年、名前で呼べる親戚が増えていきます。

毎年会っていると不思議と安心感が違うもので、私にとってはアメリカの家族みたいな存在です。

アメリカのクリスマスパーティー

アメリカのクリスマスパーティーとはどんなものでしょうか。

私はその友人家族のパーティーのことしかお伝えできませんが、アメリカのクリスマスパーティーの様子がなんとなくわかるかな、と思います。

パーティーは毎年クリスマスイブに行われます。夕方の4時ごろのスタート。

ポットラック

ポットラックと言って、皆で食べ物を持ち寄ります。

アメリカの人たちは、本当に色々なものを持ってきます。中にはこれは冷凍食品だろうな、というのはもちろんのこと。

出来合いのものを持ってきていたりと本当に自由です。手作りではないといけない、という暗黙のルールもありません。

我が家は、おいなりさんだったり、寿司ケーキだったりを持っていきます。毎年喜ばれますね。アメリカの人たちも好きですね。

中にはツワモノも。パンを1から焼いてくる人も。

冷凍食品もあれば、パンを焼いてくる人もいれば、本当に色々です。

アメリカっぽいですよね。とにかくポットラックに持ってくる食べ物のレベルが違いすぎる。そして誰もそれを気にしているわけでもない。

ワインだけ飲んでいる人もいれば、子どもたちは走り回っていたり。

一人の人と話し終わると、他の人と話をしている人もいれば、脇の方で一人で飲んでいる青年もいる。

アメリカのパーティーの特徴として、皆がそれぞれ自由にやっている。別に気をつかうわけでもなく。それぞれ好き勝手に動いている。誰も何も干渉して来ない

親戚以外のメンバーも

他にもさすがアメリカだな、と思うことに、親戚以外の人も参加自由

私もその一人だったのですが、毎年少し顔ぶれが違います。

今年は、新しいおじさんがいまして、話をすると、子供を紹介してくれました。

そして「これがうちの娘で、これが俺のダンナだよ」なんて。

私は最初、理解するのに時間がかかりましたが、ちょっと間をおいて理解できました。

つまりこのかたはゲイのカップルで、子どもは養子なんだね、と。

ゲイカップルが当たり前のいます。この日は実は10組中2組もいたんですね。

子どもたちも、これが私のdaddyで、こっちが私のdad、と使い分けていました。

まさにアメリカ。老若男女、同性愛者、親戚とそうでない人たち、多様性が当たり前にあります。

賢いプレゼント交換ルール

ある程度、食事が終わると、プレゼント交換タイム。

でも、その前に、子どもたちにはそれぞれにプレゼントが用意されています。

息子にも、色々なプレゼントが。日本でいうトミカみたいな小さな車セットをいただきました。

子どもたちがプレゼントで喜んでいる間に、大人同士のプレゼント交換が始まります。

大人同士のプレゼント交換でも間が持つようにと、子どもたちへの心遣いも素晴らしいですよね。

プレゼント交換は、昔はそれぞれの家族宛にプレゼントを用意していたそうです。ただ、そのシステムだと、親戚一同にプレゼントを用意しなければ行かず、10組以上集まるパーティーだと、1組9個もプレゼントを用意することに。

それは大変なので、今のルールに変更されたそうです。色々と家族の歴史がありますよね。

交換のルールとしては、ギフトカード$25を1枚と25ドル程度の品々をラップで包んで持ってくること。

どんな品でもいいんです。今年は、グミセットと映画館のギフトカードで、映画鑑賞セットを持ってきていた方もいましたし。

ハーレーセットと言って、バイクのハーレー好きな人が、そのお店のギフトカードと手袋とマフラーセットも過去にはありました。

くじを引いて、順番にプレゼントを選ぶんです。後から選ぶ人は、前に引いた人のを奪っても良し、というルール。

つまり、4番目にプレゼントを選ぶ人は、1番から3番までの人が選んだプレゼントを奪ってもいいというルール。

奪われた人は、またプレゼントの山から選ぶ権利が与えられます。こんなルールなので、いい商品を選ぶと、後ろの人たちから取られてしまうんです。

結構大人同士で、プレゼントの奪い合いになるので、盛り上がります。

我が家は日本のお菓子セットを持って行った時があったのですが、結構人気がなくて、たらい回しにされていましたね。。。笑

まとめ

ポットラックは、自由に持ってきていて。手作りパンから冷凍食品までレベルは色々。参加メンバーも親戚もいれば、そうでない人もいて様々。プレゼント交換は、奪えるルールで大の大人も、大人げなく奪い合い。

そんなわけで、色々と多様性のあるアメリカらしいクリスマスパーティーの紹介でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ