「なんのために勉強するの?」

「これって役に立つの?」

そんな疑問を今までに何度ぶつけられたことでしょうか。

アメリカオレゴン州の巣鴨アドバンススクールで先生やってます、みとのやです。

「それは、自分の将来のためだよ。」という回答は、私の中では100点中30点だと思っています。

なぜなら子どもたちは「今」を生きているから。

将来のこととか言われても、大抵ピンと来ないわけです。

今までも何度かこのネタは書いてきました。

(参考記事:なんのために勉強するの?それは人を助けるため

なんのために勉強するのか。

それは価値を知るためです。

知るということは、その価値を理解するということ。

こちらのブログでもお店を紹介するときに気をつけていることがあります。

それは、なるべくそのお店や場所の歴史や背景も一緒にお伝えするようにしていることです。

そうすることで、よりお店や場所の価値が伝わります。

何も知らなければ、「美味しいコーヒーが飲めるカフェ」。

ちょっと裏事情を知るだけで、「従業員思いな素敵なカフェ」と思えるわけですね。

それを知るだけで、コーヒーの美味しさも変わってきます。

(参考記事:ポートランドで一番好きなカフェ シスターズコーヒー

それは旅行先でも同じでしょう。

何も調べずに旅行先でのんびりするのもいいのでしょう。

ただ、その旅行先の歴史であったり、諸事情を知っておくと、グッと印象が高まります。

高級なレストランとかもそうですよね。

食べる前に、ウェイターの方にこう言われるわけです。

「こちらは地元の有機栽培で育てられた、収穫したばかりの人参です。甘みがあって、味に深みがありますよ。」

なんて言われた日には、その人参を口に入れてこんなことを言ってしまうでしょう。

「うーん、深みがありますね」と。

「深み」の意味がよく分かっていなくても。

それは知ることで、価値を知ることができるから。

体験がより一層深まるからです。

前に紹介したハンバーガー店だってそう。

創業当初はこんな苦労があって、やっとうまくいくようになったんだよな。

食材もローカル使ってるんだ。

そんなことを知るだけで同じハンバーガーでも味が変わってくるでしょう。。

(参考記事:このローカルハンバーガー店ははやるかも?)

本当にちょっと知るだけで、人はその価値を知ることができ、人生をより豊かに過ごすことができるものです。

逆に知らなければ、価値はわかりません。

高級レストランに行っても

美味しいコーヒーを飲んでも

ハンバーガーを食べても

「美味しかったね」でおしまいです。

知るとは、その価値を理解すること。

価値を知れば知るほど、世界は美しくなるでしょう。

逆に知ることでみにくさを見つけることもあるかも知れません。

でもそれは、その他の美しさを引き立たせるものになることでしょう。

だから、子どもたちには、たくさん勉強して学んでもらいたいのです。

色々な世界を知って欲しいのです。

英語も数学も国語も、世の中を知る上で大事な知識です。

別に不得意な科目を、得意にしろとは言いません。

不得意だからと言って、学ぶのをあきらめないで欲しいのです。

なぜなら学ぶことで、人生がより楽しくなるから。

まとめ

「なんのために勉強するの?」

こんな質問を子どもからされた場合は

「知ることで、その価値がわかるからだよ。」

こんな回答もぜひ使ってみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ