あの誰もが知る工作のプロであるワクワクさんがyoutuberとしてデビュー!(ワクワクさんの動画は記事の最後に!)

多くの子供が見るyoutube。

ワクワクさんこそyoutubeの上手な使い方だろう!と思いまして、早速視聴しました。

工作を見て、工作してみる。

まさにお手本のような動画に拍手喝采です。

我が家のyoutube事情

我が家は、apple tvを使って、テレビ画面でyoutubeを見せています。

スマホでyoutubeを見せると、管理がなかなか難しいので、極力避けてます。

旅先とか、飛行機とかでは見せています。

テレビだとタイマー機能が簡単に使えます。

タイマー機能を使って、1日20分を2回までとしています。

ドラえもんのアニメとか見せると、大抵途中で終わってしまうので、その時ばかりは、もう少し見せています。

デジタルとアナログ

テレビという世界は、デジタルです。

そのデジタルの世界だけで終わってしまうと価値が生まれません。

ただの消費です。

ただ動画を見て、終わりになってしまう。

もちろんそれはそれで良いのですが、せっかくなら価値を生み出したいですよね。

価値を生み出すことこそ、人間の喜びだと思っています。

デジタルをアナログとつなげることで、価値を生じるのだと思っています。

実際に作ってみた

まさか、youtubeでわくわくさんを見ることになるとは。。。

ワクワクさんのような人がyoutuberとして出てきてくれて喜びを隠しきれない1人の父親です。

息子にも見せると、これ作ってみたい!と。

そんなわけで、作ってみました。

用意したもの

  • 紙コップ
  • ストロー3本
  • 牛乳パック
  • 折り紙
  • 厚紙
  • ハサミ
  • テープ

そして動画を見ながら作ること15分くらいだったかな。

あーじゃない、こうじゃない、と。

結構、牛乳パックの凹ませ方が難しかったですね。

なんだかわかりにくいので、もう一枚。

牛乳パックを押し込むことで、空気圧を利用して、ロケットを飛ばすということです。

最初は、全然飛ばなくて。

私も息子も大笑いしましたが、何度かやっているうちに飛ぶように。

こうやって、家族の思い出になるのも価値だと思います。

また、自分たちで作ったものって、子供も大事に使うんですよね。

市販で買えるおもちゃとは全く違う価値を生み出しますね。

そんなわけで、我が家には、本当に色々な工作品(ゴミ)があります。

ちょくちょく紹介していきますので、乞うご期待!

まとめ

工作は、子供の一番身近な「価値を生み出す方法」です。

料理なども、子供と一緒に価値を生み出す方法です。

子どもだって、料理や工作を通して、世の中に価値を生み出していますよね。

仕事だってそうですよね。

価値を生み出しているから、対価として報酬があるわけです。

価値を生み出しているから、喜びがあるんだと思うんですよね。

価値を生み出さずに報酬だけもらっても、正直、その喜びは一瞬です。

子供達にも価値を生み出す喜びを味わってもらいたい。

そして、生涯にわたって価値を生み出していってもらえたらと思っています。

↓ うちの幼稚園でも、廃材を使った図画工作に取り組んでもらっています。

巣鴨キッズ


ワクワクさん動画チャンネル