結婚前は覚悟してたんですけどね。夫婦げんか。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

出産後など本当に大変ではありましたが、やっぱりケンカではないんですよね。

参照記事:出産後のガルガル期にイライラの妻。。。夫婦ゲンカをへらすためのたった1つの考え方

もちろん「我が家は夫婦円満ですよ」という記事ではありません。

前回アップした出産記を自分で読んでいて、「正しいことより幸せな選択肢を選ぶ」ことで日頃から心がけていることがあるな、と思いました。

それをシェアしたく書き始めた次第です。

日頃から心がけていること、それは「はい」というマジックワードを使うということ。これは本当に使えるんです。

夫婦げんか

通常、夫婦げんかというのはちょっとしたことから始まります。こんな感じで。


妻:あ、お皿また洗ってない、サボってばかり。お皿洗っておいてよね。

旦那:えー、疲れてるから、また後でいいかな?

妻:いいけど、担当なんだから、ちゃんと約束守ってよね。

旦那:そんなこと言って、そっちだって約束守ってないよね!

妻:なによ!それとこれは違う話でしょ!


夫婦げんか(別バージョン)

そんな会話も、マジックワードを使うとこうなります。


妻:あ、お皿また洗ってない、サボってばかり。お皿洗っておいてよね。

私:「はい」


以上です。

うちの夫婦の会話は基本シンプルです。

妻:ゴミ出しお願いね

私:「はい」

妻:子どもにも良くないからテレビはもうおしまい。

私:「はい」

妻:遅れるから早く着替えてね

私:「はい」

というように、私は妻の要望に対して基本的にイエスマンです。

もうプライドもへったくれもありません。noと言えない日本人代表です。

ただ、すぐに行動するかどうかは別です。なかなか指示通りに動けないこともあります。

しかし、返事だけはとりあえず「はい」と言っておきます

「はい」という返事をしておけば、ひとまず妻は満足します。

相手の満足感、メッセージが伝わったという安心感、これがコミュニケーションにおいては大事なことなんですよね。

恩師からの衝撃的なアドバイス

「はい」と返事をしておく術を学んだのは高校時代でした。

高校時代といえば、反抗期。私は、父や母の発言に対して、色々とはむかってました。

特に父には。当時の日記とか見ると本当にひどいことが書いてあります。反抗期は恐ろしい。

でも高校時代、恩師にこのように言われたんです。

「宿題したの?と親に聞かれたら、とりあえず「はい!」って言っておけば良いんだ。宿題やっていなくても、とりあえず「はい!」と。親はそれで満足するんだから。それが大人の対応。親とケンカしてるようなら、まだまだ子どもな証拠。なんでも「はい」と言っておけば親も安心する。宿題はその後にでもやればいい。」

私は初めてこの言葉を聞いた時、衝撃でした。

「え?親にウソをついて良いの?宿題やってなくてもやったと言っていいの?」と。

正直に答えて口ゲンカになるよりも、親子が幸せでいられる術を恩師は教えてくれたのだと思います。

恩師から言われて以来、私は親に対して基本的にイエスマンになりました。

宿題したの?はい!

テストの準備はできてる?はい!

そうすると、親子の会話がいちいちつっかからないんですよね。

もちろん、海外留学は親の反対を押し切ってアメリカに来ました。親の発言、全てに対してイエスではなかったのですが。

日頃の会話においてはイエスマンでした。

これも恩師のアドバイスがあったからこそ。

子どもは親のマネをする

夫婦の会話においても、私が基本的に「はい」を連発するのは、自分の正しさよりも夫婦円満を優先するから。

そんなイエスマンのお父さんの影響か、息子も「はい」という返事をよくします。

本当に子どもはよく親を見てるな、と思います。

着替えてね「はい」

テレビは20分だけだよ「はい」

抱っこするけど、長くは抱っこできないよ「はい」

という風に。

もちろん、はいと言って話が違う時もあります。

でも、「はい」と言っておけばコミュニケーションは問題なく進みます。

いちいち、反論しなくて良いのです。

親の言うことには基本的に「はい」と言っておけば良い。

息子もよくわかってます。とりあえず「はい」と言っておこうと。

とりあえず、親の要望を聞いて、20分以上テレビを見たければ、その時お願いすればいい、と。

「このお話が終わるまでテレビ見させて!」と。

とりあえずは相手のリクエストを聞いておこう。こちらがリクエストするのはそれからだ。

幼児がこんな風に思っているかどうかは分かりませんが、私はそう思ってます。

まとめ

「はい」という言葉は本当にマジックワードです。

夫婦間でも「はい」と言っておきましょう。

そして夫婦間で「はい」を使うことで、子どもも「はい」を使うようになるでしょう。

ウソだっていいんです。正しくなくたっていいんです。

じゃんじゃん「はい」を使って夫婦が円満に、親子が円満になりましょう。

関連記事:出産後のガルガル期にイライラの妻。。。夫婦ゲンカをへらすためのたった1つの考え方