アメリカ・オレゴン州でクリスマスツリーを切って、家に飾りました。アメリカ生活20年ですが、自分が未体験なことがまだまだあるんだな、って思った次第です。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

u-〇〇

アメリカでは、u-〇〇という表示をよくみます。

U とはyouのことですね。自分でやることをu-〇〇と言います。

u-pick イチゴとかブルーベリーとかを自分でピック(つむ)する訳ですね。

u-haul 今となってはアメリカの引っ越し会社の名前となっていますね。

u-catch 釣りする場所 わざわざuをつけなくてもいいでしょ!って突っ込みたくなりますね。

u-〇〇ってしたら、なんでも自分でやることになる訳ですね。

うちの塾もu-teachと名前を変更しようか、と冗談を言ったこともありました。

意外と教えることが最高の学びになるんですけどね。

というわけで、今日はアメリカのu-cutに行ってきた話です。

Christmas tree

クリスマスツリー、皆さんはお持ちでしょうか。

我が家には今までプラスチックのクリスマスツリーが飾られていました。

友人からもらって、使っていたんですよね。

クリスマスシーズンになったらライトや飾りをつけて、もうクリスマスの時期なんだね、なんて言っていたわけです。

そうしたら、何やら周りの友人から聞くわけですよ。

「アメリカでは本物のクリスマスツリーを切るんだよ」と。

さすがアメリカ。

クリスマスツリーと言ったらプラスチックしか飾ったことがない我が家。

サンクスギビング後に行ってまいりました。

クリスマスツリーカット!

プランパー農場へ

今回も訪ねたのは我が家からは車で20分ほどの場所にあるプランパー農場。

今までもパンプキンパッチなど色々とお世話になっております。

参照記事:パンプキンパッチはポートランドからも近いPlumper Pampkin Patchで!(2020)

ポートランドの魅力は、都市のすぐ近くに自然豊かな場所があるということ。

とにかく、プランパー農場に入っていきましょう。

駐車場にはすでにたくさんの車がありましたね。

サンクスギビングの次の日は天気も快晴!

太陽ってありがたい。

夏の間は、もうやめてくれって思うけれど、雨季の太陽はありがたい。

人間って何って自分勝手なのでしょう。

パンプキンパッチの時は入場料あったのですが、今回はなし。

入り口のお姉さんから、色々と説明を受けました。

お姉さん「!@#$$%^&*())」

私も妻もサンクスギビングで頭がボケていたのでしょう。

ぼーっとしていたので、正直よく聞いていませんでした。。。

あれです。

妻が聞いてくれているだろう、と思っていたら、お互いがそう考えていたケース。

とにかく、お姉さんの説明は聞いていなかったので、この入り口にあるノコギリを持って適当に木を切ることに。

間違っていたら、相当迷惑なお客です。

お客さん!勝手に木を切らないで!なんて言われるのではないかと。

看板にもあったのですが、ここの農場には3種類の木があるそうです。

微妙にこの針葉の向きが違うとか、あとは匂いがするとかしないとか。

http://plumperpumpkins.com/christmas_trees.php

  • Douglas:クリスマスツリーとして一番人気だそうです。甘い匂いがするとか。
  • Noble
  • Grand

看板があったのですが、もうどの種類のクリスマスツリーでもいいですね。

どれも同じようなクリスマスツリーに見えます。

結局、私たちは、何を選んだのでしょうか。douglasなのかな。

妻と息子と、あれじゃない、これじゃない、と言いながら選びました。

そして本当に切っていいのかな、と不安になりつつも、木を切りました。

まるで万引きする少年の気分でした。

万引きしたことないけど。

結構、クリスマスの木は柔らかくて、切りやすかったです。

ちなみにオレゴンの農場を訪ねる時は、長靴をオススメします。

庭仕事でも重宝しています。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)

もちろん普通の靴で農場を訪ねても問題ありませんが、結構土がぬかるんでいる場所も。

特に子供は水たまりなど飛び込みますからね。

長靴がオススメですよ。

切った木はそこらへんを走っているカートの職員の方に預けます。

スタッフの方にshake and bailする?と聞かれました。

何かよくわからなかったのですが、やってくれるならしてくれ、ということでyes yesとまるで英語ができない外国人のような返事をしてしまいました。

気分は万引き少年ですからね。

何だか挙動不審な自分がいました。

この数字を入り口のスタッフに渡せばいいわ!とのこと。

というわけで、クリスマスツリーも自分の手から離れたところで、農場で楽しみましょう。

動物への餌やり

ショップで1ドルでエサを買えます。

エサを持っていると、動物たちが寄ってきますよ。

牛とか長い舌を駆使して、上手に食べていました。

このご時世ですから、接触感染で、牛さんに菌がうつらないのかな、大丈夫かな、と動物の心配していました。

豚さんにだけはエサはあげないで、と表示されいましたね。

あ、上は豚さんではなくロバさんです。

見ればわかりますよね。。。

滑り台もどうぞご自由にとありました。

やっぱり子供の同世代の友達と来たら楽しかっただろうな、と思いますね。

気持ちの良い日でした。

ドアにつける飾りも売っていましたよ。

Shake and Bail

shake and bailとは、揺らして紐でまとめることでしたね。

有料で$5でした。

shakeして、木についた虫たちを降り落とすそうです。

bailとは法律用語では「保釈」という意味です。

the good wifeを見続けたので、この単語を知っています。

まじでハマります、このドラマ。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)

保釈された木です。

かわいそうに。

荷台に積まれます。

まるで保釈された容疑者に見えてくるのは、私だけでしょうか。

ちなみに木のベース($20)も農場で買いました。

こんな感じで、木を固定して立てることができます。

まだ保釈されています。

本物の木なので、針葉が落ちてきますね。

多分、ビニールシートとか敷いたらいいかと思います。

でも面倒なので、敷けばいいとは思いつつ、何もしません。

巻かれた紐を切って、保釈から解放してあげましょう。

クリスマスツリーらしくなりました。

あとは飾り付け、というところで我が家はダウン。

サンクスギビング後で動いたので、結構疲れましたね。

まとめ

ちなみにお値段は6フィートで60ドルでした。

shake and bailと合わせると65ドル。

土台も合わせると85ドル。もちろん土台は毎年使えます。

値段だけで比べるとプラスチックの方が毎年使えるので、安く済むわけですが。

部屋の中がクリスマスツリーの香りでいっぱいになりました。

何よりも我が家はコンポスト一家ですので、本物のクリスマスツリーはコンポストにもなって一石二鳥ですしね。

参照記事:[節約術]家計の節約になりつつ環境を守る10の買って良かったアイテム

アメリカにお住いの皆さんは、u-cutでクリスマスツリーを調達してみてはいかがでしょうか。

子供達にとっても、アメリカならではの体験になります。