みとのやブログ

ポートランドで子育て中の先生の日々

プロフィール

アメリカ、オレゴン州ポートランドで子育てやりつつ、日本人向けの学習塾、巣鴨アドバンススクールUS3校舎と巣鴨キッズという幼児向けプリスクールの経営してます。

地元のオレゴン情報や子育て夫婦生活を中心にブログ書いています。

読んでいただくと分かるとは思いますが、結構おちゃらけています。

子育てに始まり、夫婦間も。

昔の自分がこんなこと知ってたら良かったなぁと思うことを書いてます。

そんな書き物が読者の方々の日々の笑いや楽しみになってくれていたら嬉しい限りです。

自己紹介のショートバージョン

幼少期は3年間アメリカで過ごしました。アメリカも英語も大嫌いになりました。

中学・高校時代を日本で過ごし、英語コンプレックスを少しずつ脱し。

アメリカで大学・大学院を終え、やっと英語コンプレックスを脱しました。

日本に帰国して学習塾に就職。その後、アメリカに再度渡り、日本人子女のための塾をスタートしました。

おかげさまで塾をスタートして10年以上が経ちました。

「自分を大事に、周りを大事に」がうちの教育理念の一つでもあります。

私は大学時代、先輩にこう問われたことがあります。

みとのや君、君の人生の目的はなんだい?と。

え?なんだろう、と考えた際に言われたんです。

「君がハッピーになると同時に、周りの人をハッピーにしていくんだ。それが君の人生の目的だ」と。

その時なぜか涙が止まらなくて。

今思うと自分が長年求めていた言葉だったのだと思います。

自分と周りの人のハッピーのための人生。

抽象的な表現かもしれませんが、これほど自分の人生が明確になった言葉はありませんでした。

それが私の原点です。

自己紹介のロングバージョン

幼少期

小学4年生から4年近くアメリカのロスで過ごしました。まだ小学生だしアメリカにはすぐに慣れるだろう、という両親の期待はハズレ、私はアメリカがキライに。もちろん英語も大キライに

中学時代

日本に帰国後は、帰国子女ということで注目されたせいか、いじめられました。

「英語も運動だってよく出来る。帰国子女はいいよな。」そんなことを周りから言われ、別に帰国子女だからできるんじゃなく努力してんだ!と当時は思っていました。

ただ努力して報われるってありがたいことだったんだなと、マンガ「ウシジマ君」を読んで最近は思います。

ウシジマ君には本当に大変な家庭環境で育った人材がたくさん登場します。

転校した公立中学は本当に多種多様な人間の集まりで、元クラスメイトが駅前で刀を振り回してケイサツに捕まった、と風のウワサで聞きました。

ボロボロの制服を着ていたクラスメイトは、家庭の事情でいつのまにか転校していました。

中学校時代に社会の縮図を見た気がします。

高校時代

大学付属の私立高校に。付属の大学に行くことを疑うこともなかった高3の夏。

廊下ですれちがった今でも尊敬する英語のネイティブの先生にこう言われました。

コウイチはアメリカの大学にどうして行かないの?」

え?アメリカの大学に行く理由がないから。。。

日本の大学に行く目的はあるの?」

いえ、特に。。。

大学に行く目的がないなら、アメリカ行ったら?」と。

この何気ない会話が私をアメリカに再挑戦させてくれました。

その先生には感謝しかありません。

この先生とのあの会話がなければ、私のアメリカ大学生活はなかったでしょう。

大学時代前半

まず訪れたのは、オレゴン州の超ど田舎にあるコミュニティカレッジ(コミカレ)。

コミカレを1年ちょっと通い、編入志望の大学には不合格となり、しぶしぶポートランドの4大に編入。

この編入先が縁でポートランドでの塾開校につながったので、人生何が吉と出るかわかりません

大学時代後半

大学ではグローバルビジネスを専攻。

なんとなくカッコよく聞こえる専攻名ですが、全然大したことない学部でした。

インターナショナルクラブに所属していたのですが、そこでプレジデント(部長)をしました。

トルコ人とフランス人、インド人にロシア人、ノルウェー人に中国人、エジプト人にイラン人と本当に多種多様な人材で構成されたクラブ会議は、時間通りに始まることは一度たりともありませんでした。

大学院時代

大学4年生の時に、ビジネスなんてやりたくないとやっと気づきました。

前から興味のある教育をやろうと、奨学金という名の借金を組んで大学院で外国語教育学を学びました。日本政策金融公庫さん、ありがとうございます。

大学院は、アイビーリーグの名だたる大学も合格し調子に乗っていましたが、前から行きたかった小規模の大学院を選びました。

院では「君のペーパーは大学院レベルのものではない」と言われ落ち込みましたが、自分で自分を褒めたいくらい机にかじりついて勉強していました。

もう2度とあんなに勉強したくありません。なので博士課程に進む人たちはどれだけMなんだ、と心から尊敬してます。

会社員時代

大学院を卒業して帰国後は、学習塾に就職。

あれほどビジネスをやりたくないと教育に舵を切ったにもかかわらず、結局、ビジネスも教育も必要な職業につきました。

人生とは不思議なものです。

その就職先で今のビジネスパートナーと出会い、月1でデニーズでパフェを囲いながら経営や教育を伝授されました。

特に忘れられないのが、強引さの中に礼儀ありです。

車が渋滞していて、そこに割って入っていく強引さ。でも相手にお礼を伝える礼儀。

人は強引だから怒るんじゃないんだな、失礼だから怒るんだ、と学びました。

アメリカ時代

その後、自分のような英語で苦労している帰国子女を一人でも減らしたいとアメリカに渡り塾をスタート。

巣鴨アドバンススクールという学習塾をポートランド(OR)、バンクーバー(WA)、レドモンド(WA)で運営しています。

苦しい時、とある先輩がずっと私を支えてくれました。その先輩がいなければ、絶対に挫折していました。

人は1人では強くない、どんなに強そうな人を見ても、そんなことを考えます。

そんな紆余曲折ありながらも、おかげさまで、巣鴨アドバンススクールは開校10年以上になりました。

現在は3校舎と、巣鴨キッズという幼稚園もビーバートンに。

今後の目標

人が人を大事にする社会。そのために今までやってきましたし、これからもそのための教育であり人材育成だと思っています。

理想は高く、でも現実を一歩でも理想に近づけるように、日々悪戦苦闘しています。

経営も教育も本当に難しい!

こちらのブログは、子育てしながらオレゴンを満喫するための情報を提供したり、奥さんとどううまく子育ての日々をやりくりするか、などをお伝えできればと考えています。

数々の失敗談がありますので、楽しまれつつも何かお役にたてていたら本望です。