アメリカに来て、車を運転するとなると、色々と不安なことも多いですよね。

そんな不安を少しでも解消する便利なモバイルバッテリーのご紹介です。

モバイルバッテリー

今日、ご紹介するのは、こちらのモバイルバッテリーセット。

この商品、別に必要かと言われると、私はめちゃくちゃ迷いましたよ。

だって、こんなのなくても、ロードアシスタントを呼べば、いざという時は何とかしてくれますからね。

でもですね。

時間って本当に大事なんです。

このモバイルバッテリーがあって本当に時間の節約になりました。

助かることは3つ!

  • 車のバッテリーの寿命を伸ばす!
  • 車のバッテリーが切れた時にも、ロードアシスタントを頼まなくてもいい!
  • スマートフォンの充電は高速!

良いことづくめのモバイルバッテリーの紹介です。

車のバッテリーを長持ちさせる

皆さんは、車のバッテリーからスマホの充電していませんか?

我が家もソケットを使って、車のバッテリーからスマホの充電していました。

実は、これ車のバッテリーには負担なんです。

最近、頻発している、車のバッテリー寿命が短い原因なんです。

これはバッテリー会社の方から聞いたのですが、最近はスマホの充電を車のバッテリーからする人が増えており、車のバッテリーの寿命も短くなっている、と。

それはそうですよね。

しょっちゅう車のバッテリーで、スマホを充電していたら消耗も早いわけで。

できることなら、少しでも消耗を減らして車のバッテリー寿命は伸ばしたいところ。

なぜなら、車のバッテリー自体は安いのなら200ドル程度ですが、取り付けるのに、めちゃくちゃサービス料金かかりますから!

そんな高いサービス料金を回避するのが、紹介したモバイルバッテリーなのです。

車のバッテリーを使わずに、スマホを充電できるのでお得です。

車のバッテリーが切れてジャンプスタートが必要な時

子供がいると、気づいたら車の室内ライトがつけっぱなしになっていた、ということはありませんか。

うちはあるんですよ。

最悪なのが、幼稚園に子供を送りに行こうと、車のエンジンをかけた時。

「プスプスプス」エンジンがかからない!

調べてみると、室内のライトが付けっ放しに!

子どもにもよーく言って聞かせていますが、ライトとかつけたがるんですよね。

もしくは意識していなくても、車のなかで動き回った時に、スイッチを押していたり、と。

そんなピンチの時に活躍するのが、こちらのモバイルバッテリー。

↑ をクリックするとアメリカのamazon.comに。

本当にものすごく便利!

ロードアシスタントとか呼ばないでもいいんです。

ロードアシスタントは大抵の車保険についているので、無料でやってくれるのですが。

来るまでの待ち時間が長かったりするんですよ。

電話で、要件伝えて、現在地を伝えるとか、結構面倒なんですよね。

最初は車のバッテリーを始動させる英単語を知りませんでしたから。

英語では、Jump Startって言います。

日本語でもジャンプスタートなんですけどね。

ジャンプスタートって単語を知りませんでした。

家にいるときは、住所を伝えれば良いのですが、立体駐車場とかの駐車場所を伝えるのって難しかったりします。

ここは駐車場の何階だったっけ?とかなります。

幼稚園の送り迎えで急いでいる時とか、いますぐ車を動かしたいわけで。

このモバイルバッテリーがあれば、付属のケーブルですぐに車を復活させることができます。

これあってヨカっタァ!って思ったことは過去に2回ですね。

本当に助かりました。

貴重な幼稚園タイムを逃さないですみました。

スマホの高速充電にも

また通常も、スマホの充電が切れそう!っていう時、車からの充電だとやけに時間がかかってしまいます。

スマホのアプリ、グーグルマップとか使っていると、全く充電されません。

そんな時にも活躍するのが、こちらのモバイルバッテリー。

高速充電できるので、携帯電話の電池が切れそうな時も安心。

どうでしょう。

車のお供に。

これが1つあるだけで、ライトにもなるし、携帯電話の充電もできるし。

車のバッテリーが上がっても、この充電器一台あれば問題なし!

私は、このモバイルバッテリー、買うか買わないか、散々迷ったんですよね。

あったら便利だけれど、ロードアシスタントもあるし、いらないかな。。。

でもな。。。と。

でも、やっぱり買って良かった!

これがあるだけで、車をジャンプスタートもできるし。

友人の車がジャンプスタートが必要な時も、車を寄せて、ケーブルで繋げてとかやらずに、簡単に助けられますからね。

モバイルバッテリー、アメリカで車を購入した人は、ぜひ手元に置いておくといざという時に役に立ちますよ。

是非是非、アメリカのAmazon.comへ ↓