良いよ良いよ、とは聞いていたのですが、なかな行けなかったBauman’s Farmのパンプキンパッチ行ってきました。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

念願のBauman’s Farm

やっと行けた。

我が家がよく読んでいるPDX Parentsという雑誌でもナンバーワンと呼び声高い、Bauman’s Farmのパンプキンパッチ。

想像以上に、大人でも楽しめる場所でした。

逆に3才以下だと、広すぎて大変かな、とも思いました。

が、お友達と行く分には、相当楽しめること間違いなし!

お子さんが3才を過ぎたあたりから、こちらのパンプキンパッチに行くことをオススメします!

我が家のあるビーバートンからだと車で50分ほど南にあります。

アウトレットモールのあるウッドバーンの近くです。

パンプキンパッチとは

アメリカは10月に入ると、街全体がハロウィンの雰囲気になりますよね。

そのために、パンプキンを家の周りに飾るわけです。

農場からパンプキンを持って帰って、顔を彫って、家の周りに飾るわけですね。

ただ、今年、我が家は庭先にパンプキンができたので、農場のパンプキンは一切ノータッチ。

パンプキンパッチという名の、子供用遊園地で遊んできたようなものです。

行く時間帯

11時ごろ行きましたが、もう渋滞になっていました。

もっと早く行っても良かったかも。

ただここの農場は、多くの職員が駐車場の整備に当たっていました。

非常にスムーズに駐車することができました。

遠くから見ても、なんだか楽しそうな雰囲気です。

トイレも簡易版のが所狭しとありました。

本当に広いんですよ。

アトラクションも沢山あります。

1日では楽しみきれないほどに。

入場料

入場料は8ドルのと20ドルのがあります。

子供が楽しんでいるのを見ているだけなら大人も8ドルで良いですが。

20ドルプランですと、リストバンドがもらえ、全てのアトラクションを試すことができます。

8ドルのだといちいちチケットを購入する必要が出てきます。

我が家は迷いなく20ドルのを家族3人分購入。

大人も本気で楽しむのが我が家の方針。

合計60ドルでしたが、買って良かったです。

アトラクションは全て体力勝負!

アトラクションは、本当にめちゃくちゃあります。

バウンスするコースもあれば。

息子も私ももちろん徹底的に楽しみます。

このコース、2回はやりましたね。

着るもの

結構、アトラクションがあるのはインドアなので、空気がこもって暑かったです。

妻は、セーターを着て行って失敗した、と言っていました。

ただ、外の日陰は寒いので、暖かい格好も必要。

簡単に脱げる格好が良いですね。

障害物競走

Obstacle Courseなる障害物競争。

これも4才以上じゃないと厳しいかな。。。

途中ボルダリングでのぼらないとクリアできない所もあり。

大人でさえも結構大変でしたからね。

めちゃくちゃハードルの高い障害物競走でした。

終わった時はゼーゼーハーハーしてしまうほど。

カート

カートがあるってことで、行ってきました。

私の中では、ペダルを押して進むカートを想像していたのですが。

自分でペダルをこぐカートでした。

これも結構疲れます。

なにせペダル踏み込めば良いのではなく、自分でこぐわけですから。

私は大人気なくも、本気になって子供たちを5人抜きしました。

これも何度も乗りました。

5才以下は、小さめの赤いカートじゃないと足は届きませんね。

3才以下は、大人と一緒に乗れます。

そのほかにも、こんな乗り物もありましたね。

お昼休憩

カフェテリアみたいな所もありました。

ホットドッグ、ソーセージ、フライドポテトなどなど。

まぁ、食べ物がメインではありませんので。

ただ、アップルサイダードーナッツはオススメ。

美味しかったです。

どこのパンプキンパッチでもほぼ必ずありますよね。

ただカフェテリアは混むので、列が短い屋外で食べ物を購入した方が良かったかな。

動物とのふれあい

ヤギさんだったり、豚さんだったり。

動物と触れ合える場も。

息子はヤギさんに餌をあげた際に、手がベトベトになって泣きそうになってました。

餌あげたら手がベトベトになるって大人なら予想つくものですが。

これも良い経験です。

公園

こんな公園みたいなスペースも。

普通の公園と変わらないのですが、子供達はどこまでも走り続けていました。

こういう場所があると、大人は休めますね。

ここもやっぱり屋根があって、雨の日でも十分楽しめる様子でした。

巨大滑り台

滑り台もここまで大きいと、スリル満点!

私も叫びまくりでした。

大人こそ楽しめる滑り台だと思います。

小さい子のためのスペース

小さ子でも楽しめるようにスペースはいくつかありました。

ただ、こちらのBauman’s Farmはどちらかというと、3才よりも大きい子達ようかな、と思った次第です。

大人は楽しいアップルテイスティング

色々な種類のリンゴが試食できます。

試食といっても、サイズは大きく。

リンゴの1/6のサイズ。

いくつか食べていたらお腹いっぱいになってしまう大きさです。

我が家はいつも購入するアップルサイダー。

りんごジュースなんですけどね。

そこらへんで売っているものとはレベルの違う美味しさです。

オススメですよ。

ジャイアントパンプキンドロップ

人だかりができていたので、何かな、と思っていたら、巨大なパンプキンを落とすイベントが。

結構な高さから落とします。

アメリカの人たちって、こういうの好きですよね。。。。笑

ヘイライド

パンプキンパッチといえば、ヘイライド。

最後は、これで駐車場まで連れて行ってもらいました。

本来はパンプキンパッチしてお帰りなのですが。

我が家の庭先にはパンプキンができたので、今回は購入せず。

パンプキン沢山ありました。

まとめ

Bauman’s Farmのパンプキンパッチ、とても広く、1日では足りないくらいに楽しめるアトラクションが沢山ありました。

いくつか注意点を。

  • 到着時間は週末の11時だと結構な渋滞になるので、もう少し早めに到着できると良いですね。
  • フルに楽しむには20ドルのリストバンドの購入で。
  • ただ、お子さんが3才より小さいと20ドルをフルに活用できないかも。
  • 全てのアトラクションは、体力勝負です。大人は覚悟して。
  • インドアのアトラクションも多く、服は脱ぎ着できる格好で。
  • お昼は、あまり期待せず。でもドーナツは食べましょう。
  • アップルサイダーも堪能してほしい。
  • 雨が降っているか、降った次の日などだと、地面がぐちょぐちょなことも。
  • 子供は長靴などあると、汚れを気にせずに楽しめるかな、と。
  • 大人も綺麗な格好で行くと痛い目にあいます。

多くなってしまったけど、注意点は以上です!

オレゴンの秋の風物詩Bauman’s Farmのパンプキンパッチ。

ぜひ行ってみてください!

その他のオレゴン・ワシントンのブログを見てみたい方は、↓をクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村