インドア派だった私も、一児の父となり、室内で子育ては大変だ!と痛感。どんどんアウトドア派になり、行き着く先はアウトドアキャンプだったのです。

ポートランドOR、バンクーバーWA、レドモンドWAの巣鴨アドバンススクールという学習塾、巣鴨キッズという日本語幼稚園を運営しております、みとのやです。

小さい子づれの家は、アウトドア派にならざるを得ないんですよね。

やっと分かりました。

アウトドアのアクティビティと言えば、キャンプ。

オレゴンといえば、川と森。

オレゴンで子持ちとなると、川と森でキャンプをしないわけには行きません。

子どものこんな笑顔が見れるのなら、キャンプに行かないオプションはありません!

しかし、一体何から始めていいのかもわかりません。

キャンプ初心者。

本当に何も知りません。

なので、キャンプに詳しい友人(F)に聞きました。

キャンプに詳しい友人との会話

「キャンプって一体何が必要なの?」

Fテントと寝袋さえあれば、オッケーですよ。

「え?本当に?そんなんでいいの?」

F:はい、ただ、寝床だけだと、さびしいので、ご飯セットとかも必要ですし、地面はかたいので寝袋の下にしくものも欲しいですね。

「そっか。。。道具は誰かに借りようかな、初めてだし。。。。キャンプ場の予約とかどうやるの?」

F:確保しておきたければオンラインで予約できますが、私はぶらりと行って、空いているところに車を停めます

「え?そんなんでいいの?」

F:はい、キャンプ場の各セクションに番号がふってあるので、その番号の下に名前と日付がなければ、そこのスペースは空いている、ということです。

「それだったら、今日キャンプしたいな、ってその日に行っていいの?」

F:はい、当日とかよく行きますよ。

「そうなんだ。。。宿泊代はいくらするの?」

F:そうですね、オレゴンのキャンプ場だと、120ドルとか1泊10ドルとか。

「お、安いんだね。それはどうやって払うの?」

F:キャンプ場に行くと、掲示板があります。そこに用紙もあるので、名前や住所を書いて、小切手か現金と一緒にして箱に入れます。または、キャンプのレンジャーの方もいるので、その人に直接払ってもいいです。レンジャーに直接払う場合は、クレジットカードも使えますよ。

「え?クレジットも使えるのか。すごいな。そのレンジャーの人ってテントを訪ねにくるの?」

F:はい、その時に色々と情報も聞けますよ。山火事があるから火は使うな、とか。トイレが汚かったら、その人に言えばキレイにしてくれますし。

レンジャーの人は強い味方ってことね。ちなみにどこのキャンプ場がいいのかな?」

F:オレゴンだとMt.Hoodのふもとがオススメですね。いくつか有名なところもあるので、ググったら出て来ますよ。

というわけで、ググって見ました。そしてたどり着いたのがこちらの画像。

スクリーンショット 2018-08-22 18.58.19

なんじゃこりゃ!めっちゃキャンプ場あるじゃない!と。

そんなわけで、友人に最近いったキャンプ場を聞きました。

色々と出て来た中で、耳に残ったのが、Promontory Park。

湖があって、カヤックとかできて、町もふもとにあって便利だとか。(あとはLost Lakeとかも興味あり)

オレゴンキャンプ初心者に有益情報まとめ

  1. キャンプ道具は最低でも、テントと寝袋があればオッケー
  2. キャンプ場の予約は必要なし、人気なところは予約必要
  3. 料金は一泊10ドルから20ドル程度。
  4. レンジャーの人が来るので、その人に直接払ってもいいし、掲示板の箱に入れてもよし。
  5. とりあえずPromontory Parkを目指して行ってみよう

実際に行ってみた

行って来ました。

我が家があるビーバートンからは、東にドライブで1時間。2泊3日。

これがですねぇ、本当に楽しいのなんの。

なんで今までキャンプにいかなかったのでしょうか。

人生を損してました。

初めてのキャンプ体験。

友人からキャンプ道具一式を借りました。

キャンプ道具一式と自分たちの持ち物は以下になります。

  1. テント(6人用)6人用を3人で使うくらいだとスペースも余裕があります。
  2. 料理器具一式(ヤカン、フライパン、カセットコンロ、ガス缶2つ、食器、包丁、まな板)
  3. アルミホイルとサランラップ(これは便利でした)
  4. ウェットティッシュ(密かにMVPでしたね)
  5. クーラーボックス(1ガロンの水を二つ入れて)
  6. 食料(1日目 焼肉 2日目カレー 朝食用のパン、カップラーメンなど)
  7. 寝袋(これは絶対必要!)これは自分たちで買いましたね。
  8. エアーベッド(寝袋だけだと寝るのは厳しいかと)
  9. テントに敷くアルミ(これがあると暖かい)
  10. 電池式ランタン(夜にトイレ行く時とかに必須)

道具一通り買いそろえてから、やっぱりキャンプ嫌ってなったらもったいないですから。

友人から借りました。

ただ、楽しかったので、自分たちで揃えます。

山はこんなところですね。本当にいい景色でした。

今回、言われた通り、キャンプ場のサインがあるところを車でウロウロしました。

そして、選んだのは、こちらのアームストロングキャンプ場。

なんだか強そうな名前ですよね。

こちらのスペースの番号には紙札がなかったので、空いているんだろうとここにしました。

すぐ近くには、川が!と言っても、どこのキャンプ場も比較的に川の近くでしたね。

アームストロングキャンプ場の良いところは、こう言う岩場があって、そこにできた小さな湖で、小さな子どもも安心して遊べること。

魚とかもいて、野外学習にはもってこいでしたよ。もちろん水はものすごく冷たかったです。

友人から借りたテントはこんな感じのもので。すぐに建てられるだろう、と見くびっていたキャンプ初心者の私は、なかなか苦労しました。

テントをなめてはいけません!いえ、初心者は何事もなめてはいけないのです!

年に数回の怒りポイント

なかなか建てられないテントにイライラしていると、子供がお腹をすかして泣き始めました。

1年に数回とめったに怒らない私なのですが、「泣くんじゃない!」と怒ってしまいました。

もちろん逆効果。さらに激しさを増して泣く息子。

ごめんよ、息子よ。反省です。

アームストロングキャンプ場について

こちらのアームストロングキャンプ場、良かった点としては、川沿いの岩場ですね。

子どもも安心して遊べます。

また悪かった点としては、左に見える橋。

ここを車が通るたびに、うるさかったんですよね。それ以外は文句なしのキャンプ場でした。

そして掲示板がありました。

掲示板の左下に箱があったので、そこに入っていた封筒に、必要事項を記入して、お金を入れて、封をして、箱に入れるだけ。簡単でした。

トイレも思った以上にニオイもなく、びっくりなほど清潔でした。

キャンプは、本当に楽しかったです。

まずは、意外と寝袋で問題ないということ。

しっかりとエアーベッドを下に敷いていたので、全く問題なかったです。

ただ、借りたテントの上部がアミだったので、夜は冷えたんですね。

真夏でもダウンジャケットを持っていって良かったです。

テントが寒かったことを友人に言うと、タープをすればよかったとのこと。

なんか余計な「布」があったんですよね。

それをテントの上に乗せておけばよかっただけなんですよね。

まさか夜があんなに冷えるとは思っていませんでした

凍えてましたね。

イスも持って行かないとですね。

これは誤算でした。テーブルとイスのセットがあって、楽しかったのですが、背もたれがないと、結構つらいんですよね。

料理の準備して、食べて、後片付けして、とやっていたらあっという間に1日が終わってしまいました。

少し遊んだら、またすぐ料理の準備です。

ガス缶は、一つで十分でしたね。

お腹すいた時に、ついお菓子を食べてしまって、キャンプに行って太って帰ってきました。

キャンプファイヤも楽しかったです。

近くにストアもあったので、そこで薪を買ってきました。

定番ですが、マシュマロも焼きました。

もうキャンプしていると、あっという間に日が落ちてしまいます。

夜の9時には暗くなってくるので、ネットも繋がっていないので、電子機器を開くここともなく。

熟睡できました。

Promontory Lake

キャンプ場から車で5分のところにpromontory lakeがありました。

こちらが船とかがとめてあるところですね。

SUPと言う立ち漕ぎボートなどもできます。2時間で$35。

これは本当に楽しかったです。

結構足の筋肉を使うんですよね。

2時間立ちっぱなしはつらいので、たまに座っていました。

ライフジャケットも料金に含まれていますので、子どもも安心です。

今回のキャンプの学び

  • キャンプは楽しい!特に子どもは、自然の中で全くあきることが無い。
  • 朝と夜は冷えるので、暖かい格好で。
  • お菓子を持って行くと、結構食べてしまって、太ってしまうので、間食は野菜中心で。
  • キャンプファイヤは楽しいので、近くで薪を買っておきましょう。ただ、雨が降っていないと、焚き火は禁止になることも。
  • キャンプ道具は大事。あればあるほど便利だけれど、バランスを考えて。
  • 2泊3日程度であれば、ガスは一缶で十分。
  • 山の中の夜は早い。夜の9時ごろには就寝しよう。
  • promontory lakeはカヤックやSUPのレンタルもできるのでグッド。

他にも良さげなキャンプ場があったので、次回はそちらに挑戦。

と言うわけで、このキャンプ体験は2017年のものでした。

2018年にキャンプ第2回に挑戦しました!

1回目からの学びを活かして再挑戦して来ましたので、近日ブログをアップデートします。乞うご期待!

関連記事

子どもと楽しめること間違いなし!夏の週末はすぐにうまるオレゴンの人気キャンプ場

キャノンビーチは外せません!ポートランド出発前に気をつけること3つ(随時更新)

ポートランドの公園ならここ!いつまでも遊んでられるユニークな遊具のある公園ベスト3

ベンドに行ったらスミスロックとサンリバーリゾートは外せません!

ひそかに人気な観光スポット:マルトノマ滝より東のボニービルダム

ポートランド観光といえばマルトノマ滝は外せませんのでフッドリバーまで行きましょう