アメリカに駐在している方も、永住の方も一軒家にお住まいなら、芝刈りが本当に大変かと!

そんな方々に、我が家がどんな芝刈り機を選んだか、その理由。そして、2年間使ってみての感想などをお伝えできればと思います。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

アメリカの芝刈り

アメリカと言えば大きな家!

日本人ならアメリカは何でも大きいというイメージを持っているかと。

本当に大きな国ですからね。

さて、そんな国の家の庭は、もちろん家によりけりなのですが、結構広いんです。

我が家なんて土地の2/3が庭ですからね。

最初に家を視察した時は、なんてムダな土地の使い方だこと、と思った次第です。

日本人の私からしたらムダだらけな土地の使い方をしています。

そんなムダに広い庭の芝刈りシーズンとなってきました。

ムダに広い庭の、全くもって何も生み出さないムダな芝刈り。

アメリカ中でこの非生産的なことが行われているのかと思うと、本当にため息が出てしまいます。

我が家の芝刈り

うちの芝は全く手入れが行き届いていません。

もう本当にお恥ずかしい限りですが。

もちろん、自分で手入れせずに、業者さんに頼むことは可能です。

ただ、いくらかかるか調べようともしていません。

私自身、芝刈りというムダなことを楽しんでやっている部分もあり、自分でやっています。

我が家の芝刈り機は電動です。

ガソリンで動くのもあるのですが、いちいちガソリン買うのも面倒だな、と思いまして。

電気がいいかな、と思って電動のものを購入しました。

息子だけで押せるほど軽いんです!と宣伝したいところですが、全くそんなことはございません!

息子も押したがるので、一緒に押すことになります。

息子と一緒に芝刈り機を押すのが結構大変です。

ちなみに、こちらの電動芝刈り機ですが、パワフルで快適です。

高さも5段階で調整できるのは便利ですね。

途中経過。

我が家の前庭だけで、だいたい30分はかかります。

また、袋も買った芝生でいっぱいになるので、3回はゴミ箱に捨てて、袋を空っぽにする必要があります。(ゴミ箱に捨てるなんてもったいない!と2年後に思いましたので、後ほどお伝えします)

電動芝刈り機のデメリット

電動の芝刈り機は、一つだけ面倒なことがあります。

庭全体をカバーするには結構長い電気コードが必要なこと。

50ftの電気コードを2本つなげてやっと庭全体をカバーできる程度。

もちろん、高い料金を払えば、バッテリーで動く芝刈り機もあるんですけどね。

amazon.comのレビューを読んでいると、バッテリーがすぐに劣化するとか、バッテリーを何度も交換しないと庭全体をカバーできない、とか書いてあり、コードの電動芝刈り機にした次第です。

下の写真が、芝刈り前の写真ですね。

こちらが芝刈り後の写真です。

スッキリしましたね。

まるで3ヶ月ぶりの散髪のような気分です。

2年間使ってみた感想

まずコードレスかコードのものか。

私はコードのものでよかったかな、と思っています。

毎回のようにコード邪魔だなぁって思うのですが。

いちいち、コードを引かないように、動かさないといけないので。

ただ、思っているよりも、バッテリーの持ちが悪いようで。

もしコードレスを買うとしたら、バッテリーを最低2つは購入しておきますね。

次に電動か、アナログか。

こういうアナログ、電気を使わない芝刈り機もあります。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)

友人宅で、電動ではない芝刈りを使わせてもらったのですが、全く問題ありませんでした。

なぜか昔、芝を刈ったら、集めてゴミ箱に捨てなくてはいけないって思っていたので。

ゴミ箱に入れる必要はなくて。

刈った芝をそのままにしていたら、分解されて土に戻るだけなので。

外観とかを重視しているコミュニティーなど、刈った芝をしっかりと片付けないといけないかもしれませんが。

また、芝刈り初心者の時は、コンポストとか知らなくて。

刈った芝は、コンポストに最適です。

そんな話もまた後日。

ムダな作業とは

夏場は2週間に1回はこの「ムダ」な芝刈りをしなければいけません。

ただ、ムダはムダで楽しいものです。

人生をいろどっていることって、こういう「ムダ」なことなのかもしれませんね。

ムダのない日々も、それはそれでつまらないですからね。

今日も芝刈りという「ムダ」なことをやって、人生楽しんでいます。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)

電動芝刈り機には電気コードも必要です。

100ftあれば、大抵の庭はカバーできるかと思います。

あと、どうしても庭の端っこの芝刈りが難しいので、こちらのエッジャーも必要です。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)