アメリカといったら、肉!!!ですよね。

観光で来られる方も含めて、夏は来客も多くなります。

親戚などもポートランドに来ますからね。

そんな時に、レストランに連れて行ってもいいけれど、費用を少し抑えてプチ贅沢したい時は、こちらのお肉屋さんでお肉を買うのがオススメです。

今日紹介するのは、ポートランドから西にあるヒルズボロにあるお肉屋さん!

ローカルのためのローカルのお店です。

ポートランドの代名詞は地産地消です。

参照記事:←ポートランドっぽいってどう言う意味?

Meating Placeって言います。

Meetingではなくて、Meating。

お肉にingの進行形です。

日本の教科書には、動詞にしかingはつかないって教えられますよね。

そんなことはございません。

言語ですから、どうにでもなりますよね。

meatingって日本語訳にすると、お肉しようぜ!って感じでしょうか。

1974年にスタートして、今の場所に移ったのは2011年です。

オーナーも変わったそうですね。変わったと行っても、師弟関係での譲渡。

師匠の跡を継いで、弟子がお店を継ぐなんて、日本人が好きそうなストーリーです。

2011年に期間限定のお肉屋さんでスタートして、2013年には通年でオープン。

時を同じくしてカフェエリアもオープンしたそうです。

小ぢんまりとしてローカル感いっぱいです。

ハンバーガーはもちろんのこと、サンドイッチもブリトーもあります。

これはブリトーの写真です。

実物は見た目よりも断然美味しいですよ。

今まで食べたブリトーの中で、一番美味しかったです。

地元で取れた新鮮なお肉使ってますからね。

うまいわけがありません!←間違えました!Sよ!ありがとう!

美味くないわけがありません!

隣には、お肉屋さんがあるんですよ。

隣にお肉屋さんって事実だけで、カフェメニューの美味しさアップしてしまいますよね。

所詮、味なんて主観的なもの。

最高の調味料は空腹ですから。

みなさん、最高のお肉を味わいたければ、空腹でお店を訪ねましょう。

店内には、ガラス張りでお肉が並べられています。

ベーコンとかね。安くはないのですが、美味しいんですヨォ。

ソーセージなんかもありますね。

ファーマーズマーケットもローカルですが、このお店もちろん全てローカルです。

参照記事:←ポートランドのファーマーズマーケットでプチ贅沢

パックに入っていないお肉。高いのですが、やっぱり美味しいんですよね。

私高校生の頃、デパ地下のお肉屋さんでアルバイトしたことがあるんですよね。

夕方になると、婦人の方々が大勢来て、ひき肉300グラムとか言われて、300ってどれくらいだ?と思いながら秤に乗せていました。

慣れてくると、手の感覚で重さがわかるようになるんですよね。

ベーコンとか買っちゃいました。

親戚がポートランドにきて、お肉食べたい!となったら、ここのお肉屋さんはオススメです。

アメリカといえばお肉ですからね!

息子も大のお肉好きです。

Meating Placeのサイトは →Meating Place

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ