日本から友達が訪ねに来たら、

キャノンビーチは外せません。

キレイな海、キレイな砂浜、それだけでポートランドこら1時間30分かけて行く価値があります。

ただ、もう10回以上キャノンビーチに行っているのですが、これだけは注意です。

  1. 道中なにがあるか分からない

  2. 駐車場が見つけにくい

  3. 海岸沿いの気温は想像以上に低い

道中なにがあるかわかりません

私も油断していたのが悪いのですが、道中なにがあるか分からないので、ガソリンを満タンに。

さもないとえらい目にあいます。

ポートランドからキャノンビーチって一本道なんですよね。

そこで交通事故や工事などがあると、渋滞がひどくなります

過去に、キャノンビーチとポートランド間が塞がれてしまったことが。

別のルートで行こうと、ティラムックからの道を選んだら、そちらも動かず。

結局アストリアから帰ったという経験もありました。

山道にガソスタは、本当に少ない。

心に余裕を持っておきたいので、ガソリンは満タンにしてから出発しましょう。

駐車場は見つけにくいので、時間帯は要チェック

ポートランドも人口が増えて来ているので、キャノンビーチを訪れる人も多くなって来ています。

最近問題なのが、駐車場を見つけるのに時間がかかってしまうこと。

午前10時過ぎには、駐車を見つけるのが難しい日も。

午後3時ごろ、午前中に来た人たちが帰り始める時間帯も狙い目です。

ビーチの気温は想像以上に寒い

ポートランドがどんなに暑くても、キャノンビーチは風が肌寒い。

上着は必須です。

私もよく忘れて、おみやげ屋さんでトレーナー買うはめに。

ポートランドが35度をこえる暑さでも、ビーチは20度いかないとかよくあります。

ビーチの気温は事前に調べること。そうしないと、ビーチ体験も「寒かった」で終わってしまいます。

注意点まとめ

  1. 交通情報はチェックしてガソリンは満タンに!
  2. キャノンビーチに着く時間は、午前10時前から午後3時以降
  3. ポートランドは暑くても、長袖、またはトレーナーを持って行こう!

以上の3つのことに気をつけて、あとはキャノンビーチを大いに楽しみましょう!

ヘイスタックロック

北にあるキャノンビーチのダウンタウンもいいのですが、私は少し南側に駐車します。

ヘイスタックロックという大きな岩の目の前でビーチを楽しむのがオススメです。

こんなベンチが目印です。

左に見えるのがヘイスタックロック。

駐車は道沿いにするしかないので、時間帯によっては大変ですがなんとか見つけましょう!

細い道をおりていきます。

そうすると目の前にはヘイスタックロックが!

なんですかね。絵になるんですよね。

いつもの持ち物として、サッカーボール、フリスビー、砂場セットがあります。

今回はビーチテントも持っていきました。

これ本当に便利なんですね。

妻も、どうして今まで買わなかったの!?と大絶賛でした。

ビーチで影が作れるのは本当にありがたい。

体が楽です。

キャノンビーチダウンタウン

またビーチ遊びが疲れてきたら、北側にあるこちらの公園もオススメ。

特に小さい子どもがいる家庭は、どこに行っても公園が必須!

公園ほど子育ての味方をしてくれる施設はありません。

ダウンタウンで有名なのは、こちらのお菓子屋さん。

タフィーというお菓子を作っています。アメリカっぽいお菓子ですので、日本の方へのお土産にもいいのでは。

お店でサンプルがもらえます。やわらかいキャラメルですね。

南に足を延ばすと、こんな新しいスーパーができていました。

キャノンビーチもポートランドと同じくオシャレになって来ましたよね。

スーパーは他にもあるのですが、どこも若干割高です。

キャノンビーチに宿泊する際は、事前に買ったものを持って行くのがオススメです。

また私がよく買うビール、ペリカンブリュワリーのレストランも!

いつも混んでいるので、あきらめてしまうんですよね。

次回は挑戦したいと思います。

もうかれこれ10回以上(多分。。。10回以上)キャノンビーチ来ていますが、子どもが生まれてからは自然のありがたさを実感しています。

子どもって自然の中では、いくらでも遊べるじゃないですか。

砂の取り合いにもならないですしね。

自然って本当にありがたいな、って思います。

毎回アップデートされて行くキャノンビーチ情報。また訪ねたときは、アップデートしますので、乞うご期待!


関連記事:← 子連れにおすすめ、アストリア!

キャノンビーチまで行ったのなら、アストリアも訪れましょう!