オレゴンのビーチといったら、キャノンビーチが有名ですが、そこが混んでいたらマンザニータビーチもオススメですよ。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

キャノンビーチ、まぁ、オレゴン在住の方なら一度はいったことがあるはず。

私もキャノンビーチの記事書きましたね。

もう2年以上前かな。

詳しくは、下のリンクから ↓

キャノンビーチってどんなとこ?出発前に気をつけること3つ(随時更新)

上のリンクにも書いたことなんですけどね、ビーチに行くときに気をつけることは3つ。

  1. 道中何があるかわからないからガソリン満タンで出発してね
  2. 駐車場がないかもしれないから、朝早めの時間か2時すぎなんかも狙い目
  3. 気温は想像以上に低いから上着持っていくように

という3点、自分が書きました。

1と3はしっかり覚えていたんですけどね、2番を忘れてしまっていて。

お昼頃にキャノンビーチに着いたら、本当に駐車場が全くなし。

どこも空いていない。

面白いくらい空きがなくてですね。

ウロウロウロウロしたんですけどね。

諦めてそのままマンザニータビーチに行きました。

ちょうどいいや、ブログネタになるし♩と。

もうブログのために日々を生きているような錯覚さえ覚えます。

マンザニータとは

それにしても絵になるビーチです。

マンザニータとはスペイン語で小さなリンゴという意味です。

マンザーナがリンゴで、マンザニータが小さなリンゴ。

私Apple信者でして、マンザニータという名前だけで、このビーチが気に入ってしまいました。

マンザニータビーチはキャノンビーチからは南に15分ほどドライブしたところにあります。

キャノンビーチの人口は1700人程度で、マンザニータは人口600人程度。

小さな町です。

ただ人も少なくて、綺麗なビーチです。

また駐車場からビーチの距離が短くて、トイレもビーチのすぐ近くにあるのがいいんです。

キャノンビーチから来る途中にあるview pointがあって、そこからの景色が息を飲みます。

写真じゃ伝わりきらないので、ぜひ車から降りて景色を堪能してください。

ビーチアイテム

オレゴン歴もう15年近くになります、私がオススメするビーチに持っていくと良いものをご紹介。

ビーチテント

これがあるのとないとのでは、本当にビーチでの時間は大違い。

超!オススメですよ。

暑い日差しが防げるし。

ビーチでゆっくりできますしね。

寝そべるのが何よりよし。

ビーチでの時間が2倍も3倍もレベルアップします。

読書アイテム

ビーチで読書ですよ。

華やかではないでしょうか?

ま、私はこのオススメのKindleをお腹に乗せて、昼寝していたんですけどね。

オススメはKindle white paperです。

日本の書籍、手軽に購入できます。

携帯だとどうしても太陽光で読みにくくなってしまうのですが、Kindleなら太陽光だって問題なし。

目も疲れません。

もう5年近く使っています。

そろそろ防水の新しいのが欲しくなってきましたね。

アメリカのKindleタブレット買っても日本のアカウントを使えるのが嬉しいですね。

子供の遊び道具

あとは、たことかサッカーボール、砂場セットなど。

今回息子がハマったのが凧上げ。

凧上げ、海岸だと風が強いので、本当に楽しいですよね。

いつまでもたこと一緒に走ってました。

ビーチへ1時間ちょっとで行けるポートランド

ポートランドの夏って、結構暑い日がありまして。

30度越えてくると、ビーチ行きたいって思います。

そんな時は、行っちゃうんですよ。

ちょっと行ってくる!って言ってビーチに行けちゃいます。

ちょっとイケアに行ってくる、っていう感覚で行きます。

マンザニータビーチは小さくて、人が少なくて、オススメのビーチです。

ピザ屋さんとかコーヒー屋さん、レストランもありますので。

ビーチで疲れたらお店でゆっくりもできます。

ただおすすめは家からオニギリ持っていくことですけどね。

ビーチで食べるおにぎりは絶品です。

最後に

帰りの時間帯だけは気をつけてくださいね。

暑い日の帰りとかだと、結構渋滞に捕まったりします。

そんな時は、夕食とって暗くなってから帰るのも手です。

ビーチテント、これは本当に10年前に買っておけばよかった、って思うアイテムです。

買って損はないですよ!