作ってみる、というほどのことではないのですが。。。

息子が体調を崩してしまい、お腹を下しているので、おかゆを作りました。

お腹を下しているときは何も食べないのが一番。

でも、どうしてもお腹が減ったときは、柔らかいものを食べさせたいところ。

そんなときに手間のかからないおかゆは非常に便利です。

ポートランド、シアトル、バンクーバーWAにて巣鴨アドバンススクール(学習塾)とビーバートンにて巣鴨キッズ(幼稚園)を運営しています、みとのやです。

インスタントポットでおかゆ作り

おかゆですが、インスタントポットで作れてしまいます。

用意するものは以下になります

  • お米1カップ
  • 水5カップ
  • 塩少々

以上です。おかゆって本当にシンプルなんですね。

おかゆでブログ記事を書くのも躊躇するくらい。

↓ をクリックするとamazon.comに飛びます!

(↓は日本のamazon.co.jpへのリンクです)

料理方法

  • お米(1カップ)を入れます
  • 水(5カップ)を入れます
  • Porridgeボタン(20分)を押します
  • 高圧になるまでを入れて30分待ちます
  • 茶碗についで、塩をかけて、終わり。

もう少しお米を柔らかくしたければ、ポットの中に置いておくと、より柔らかくなります。

以上です。

塩の代わりにポン酢などかけてもおいしいです。

パスタといい、ゆで卵といい、ご飯といい、インスタントポットはグツグツさせるものと相性がいいですね。。。

おまけ

ちなみに、インスタントポットは最高の炊飯器にもなります。

ご飯や玄米を炊いた後、どうしても少しご飯が残ってしまうので、おひつを購入しました。

(↓はアメリカのamazon.comへのリンクです)

(↓は日本のamazon.co.jpへのリンクです)

おひつもあるとありがたいですねぇ。

今まではご飯をインスタントポットの中に残して次の日とかに食べていましたが。

どうしてもご飯にパサつきが出てしまうんですよね。

おひつって、微妙にふたと容器の間に空気が通る隙間があるんですよ。

そのおかげか、パサつきがなくなりました。

もちろんプラスチックの容器に入れてもいいのですが。

完全密封だと、ご飯がグチャグチャになりやすいんですよね。

おひつで、残ったご飯が美味しく食べれるようになりました!

セトモノなので、割れないように扱うのが面倒ですが。

美味しいご飯を食べるためですので。

おひつ、マジでオススメです。

インスタントポットと一緒におひつも是非!

↓ をクリックするとamazon.comに飛びます。

(↓は日本のamazon.co.jpへのリンクです)