アメリカに来たら、やはり運転は外せません。

いくら公共交通がアメリカの中では断然に発達しているポートランドとはいえ。

車がないと不便は不便。

そんなわけで、オレゴンにきたら、とりあえず運転免許証は取りましょう。

免許証

オレゴンの運転免許証は、こういう物です。

3つのテスト

  1. 視力テスト
  2. 筆記テスト
  3. 実技テスト

免許のテストは全部で3つとなります。

DMV(Department of Motor Vehicle)というビーバートン周辺だけでも3つの場所で、試験を受けられます。

視力テストと筆記テスト

視力テストは、右とか左とかではありません。

アルファベットです!

左から順番に言ってね、とか言われるので、LPEDとか言えばオッケーです。

筆記試験ですが、DMVに置いてあるマニュアルがあります。

それを見て、勉強しましょう。

↓が運転マニュアルへのリンクになります。

オレゴン運転マニュアルリンク

筆記試験を受けるためにはDMVには3時までには入りましょう

妻は、4時に入って、試験が開始されずに出直したことがありましたので。

視力と筆記をクリアできれば、実技試験になります。

実技試験

車もチェックされます。

ライトが点かないと、出直して来いと言われます。

お気をつけて。

実技試験は、予約が必要です。

夏休みは、多くの高校生や大学生が実技試験を受けるので、かなり混みます。

車の保険証は必ず持ってくること。

実技は不合格の場合は、1回目の不合格では7日間またないと次の試験を受けることができません。

5回不合格だと、1年間待たないといけませんので、お気をつけて。

晴れて合格したら、免許証をもらえます。

紙ペラをもらうので、しっかりした免許証は郵送されます。

DMV

DMVという試験を受けられる場所ですが、オレゴン州ビーバートン周辺だと主に3つの場所が候補に上がります。

ビーバートン

ヒルズボロ

ポートランド

ビーバートンの方が郊外にあるために、ダウンタウンのポートランドよりは簡単なルートを通ります。

またヒルズボロはビーバートンよりさらに郊外にあるので、車も少なく、より簡単と言われています。

妻はビーバートンで受けて、なんとか合格できました、3回目で。

夫婦間で運転の練習をすると、離婚の危機になりますので、気をつけましょう。

参考記事:← 離婚の危機:妻に運転は教えるな!

まとめ

視力テストはアルファベット。

筆記試験は、予約は不要ですが早めにDMVに入りましょう。

実技は、夏は学生が多いので早めに予約を。

車はしっかりチェック。

郊外であればあるほど簡単になるので、DMVは自分で選びましょう。

それでは、運転免許とってより楽しいアメリカ生活を手にしてください!

↓ アメリカで車を購入したら、モバイルバッテリーは買っておくべし!